International School

国際化が進む昨今、インターナショナルスクールへの入学を考える方も年々増えていますが、まだまだ門戸は狭く早い段階での準備が大切です。
学校選びでは、学費・外国人の比率・プログラム・立地など様々な条件を確認して迷う事も多いと思います。
入学後お子様がのびのびと学校生活を送る為には学力や学校のカラーなどお子様にあう学校選びがとても重要になってきます。
Future Educationでは、お子様やご家庭にあった学校選びから受験・入学までのサポートをさせて頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

Willowbrook  International School

http://www.willowbrookschool.com

港区元麻布に20年ほど前に開校したインターナショナルスクールでプリスクールと幼稚園があります。約140名の生徒さんは30ヶ国程、先生も英語圏を中心に10ヶ国以上から集まり、バイリンガルクラスと英語のみのクラスを選べるなど国際色が豊かな学校です。

『Planting the seeds of wisdom』をモットーに探求型学習を行なっており、思いやりや慈しみの心を忘れないという心の教育をベースとして独立の心や国際スキルを身につける事を目指しています。

幼稚園として2017年にIBプログラム(国際バカロレア資格)の認可を受けている数少ない幼稚園という事も特徴です。

 

 

西町  Nishimachi International School

https://www.nishimachi.ac.jp

港区元麻布に位置する歴史と伝統のある9年生までの進学校で、卒業後の進路実績のレベルが高い学校と言えます。日本語教育にも力を入れており、質の良い英語と日本語の二カ国語学習方針が特徴の一つです。

西町において「生徒に期待される学習目標(SLEs)」の6項目は日常の学習の中核を成しており、優れたコミュニケーション能力・深い思考・自主的に学習をすすめる力・協調・質の高い成果を生み出す力・世界のいずれにおいても自身のコミュニティーを代表し得る世界大使の精神を持つことを学習の目標としています。

1986年から米国西部地域私立学校大学協会 (WASC)に、2006年からは英国インターナショナルスクール協議会 (CIS)にも優秀校として認定を受けており、国際社会と協調し、かつ貢献できる人を育てる質の高い教育を提供しています。

 

 

清泉 Seisen International School

 

https://www.seisen.com

世田谷区に位置するカトリック学校で、幼稚園が男女共学、小学校から高校生までが女子校になっています。創立50年の歴史があり、『LOVE IN ACTION』をモットーにアットホームでのびのびとした雰囲気がありますが、日本語の使用禁止を徹底しているのが特徴です。

卒業後、日本の大学である清泉女子大学・清泉短期大学への進路の選択も可能となっています。また、海外にある多数のカトリック教徒の学校 Sacred Heart をスポンサードしており、卒業生の40%がアメリカ、30%がヨーロッパ、30パーセントが日本とアジアに進学しています。

IBプログラム(国際バカロレア資格)も選択でき国際的に通用する学生を育てています。

 

 

ST.MARY’S  International School

http://www.smis.ac.jp

世田谷区に位置するクリスチャンの男子校で、幼稚園から高校まであります。
室内で壮大なプールがあり、セントメリーの水泳部はとても有名です。

卒業生は海外の大学に進み、社会人になってから日本で就職というケースも多く『A School with a Heart』をモットーに仕事を始めてからも強い絆を発揮しているのも特徴です。

米国西部地域私立学校大学協会(WASC)と高等部基礎プログラム(CIS)の認定を受けています。また、IBプログラム(国際バカロレア資格)も選択でき国際的に通用する学生を育てています。

 

 

ASIJ  The American School in Japan

https://www.asij.ac.jp

プリスクールは六本木、幼稚園から高校までは調布に位置するアメリカンスクールで制服がありません。1902年の設立、1650人程の学生が学んでおり規模も大きく施設も充実しており、大学進学率も98%と高いのが特徴です。

在日アメリカ人やアメリカ国籍の日本人が多く通っている学校で、アジアや日本国籍の学生は少なく、両親も英語が話せる事が多く校内は日本というよりアメリカの雰囲気を感じます。

NAIS と米国西部地域私立学校大学協会(WASC)の認定を受けています。また、APプログラムを採用しています。

 

 

KIST  K.international School Tokyo

https://www.kist.jp

1997年設立の男女共学校で幼稚園から高校まであります。
無宗教で公平かつ平等に全ての生徒に幅広く門戸を開いており、自由な校風で子供の可能性を活かす学校であることが特徴です。また、大学進学率を重視しており100%に近い進学率を維持しています。

日本の学校としては、2000年7月に東京都から学校法人として認可を受けており、海外ではIBプログラムの認可を受けています。

 

 

CHIST  Chiyoda International School Tokyo

 

https://www.chist.jp/jp/

東京都千代田区に2018年4月に初等部が開校した男女共学の学校で、中等部・高等部は2019年から開始予定。

Head of School には、国際バカロレアを日本の教育に普及させてきた日本を代表する教育者の1人である大迫弘和氏が就任し、国際標準をクリアしたレベルの高いプログラムを提供する学校として今後、飛躍的な発展と人気が予想される学校

教育理念は『仏教精神により世界の幸せをカタチにする。知性・品性・倫理性を兼ね備えた
「行動する国際教養人」の育成』であり、ICT教育・Math教育・ESL教育・Japaneseの4技能のバランスよい発達を目指している。