TEST

SSAT受験対策  TOEFL受験対策 ERB受験対策  MAPテスト受験対策

TEST 公式サイトリンク  

SSAT:https://ssat.org/test-center-search  
TOEFL:https://www.ets.org/jp/toefl  
ERB:https://www.erblearn.org  
MAP:https://www.nwea.org


インターナショナルスクール受験や海外留学を考える時にまず必要になるのが、英語の語学力を図るテストの点数です。日本では英語の学力といえばTOEICやTOEFLが一般的に広く知られていますが、インターナショナルスクールや海外留学では下記の4種類が一般的です。

例えばハワイのイオラニスクールでは基本的にはSSATやTOEIC、西町インターナショナルスクールや青葉インターナショナルスクールなどはMAP、ASIJはSSATの点数が求められます。学校により求められるレベルは異なりますが、やはり高い得点を保有する事が受験合格へのプラスになる事は間違いありません。

得点を上げる為には何度か受験してテストの形式に慣れることはもちろん大切ですが、資格試験の様に範囲が決まっているテストではない為個々のお子様の強み・弱みを把握しその時点で必要な学習や対策をする事が得点を上げる近道になります。弊社ではテスト対策に有効な学習塾などもご紹介しておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

SSAT

SSAT(Secondary School Admission Test)は、アメリカの高校入学の際に要求される学力テストです。アメリカのボーディングスクールを含む私立高校のほとんどが SSAT スコアの提出を義務づけています。大学入試の共通テスト「SAT」と「SSAT」の点数は比例すると言われており、大学への進学率に力を入れている高校では SSAT の点数を重視する傾向にあります。

SSAT は2つの難易度にわかれ、小学校編入用の試験は Elementary(3〜4年生対象)、中学受験用の試験は Middle (5〜7年生対象)、高校受験用の試験は Upper(8〜11年生対象)を受験します。

試験は Verbal(英語の語彙力)、Quantitative(数学の理解力)、Reading (英語の読解力)、の3つのパートからなり結果はverbal(読み・単語)、Math(数学)、Reading(読み)などに分類されて表示されます。 SSAT テストは、日本での開催数が限られていますのでお早めにお申し込みください。

 

 

 TOEFL

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)には TOEFL iBT テスト(TOEFL Internet-based Test)と改訂版TOEFL ペーパー版テスト(The revised TOEFL Paper-delivered Test)があり、日本では TOEFL iBT テストが実施されています。日本での年間開催数も多い為、留学を考える日本人には馴染みのあるテストとなっています。

TOEFL iBT テストは、英語をどれだけ「知っているか」ではなく「使えるか」に焦点をあてており、より実生活に即したコミュニケーション能力を測定するテストです。4セクションで構成されており Reading Section 、Listening Section 、10分休憩の後、Speaking Section 、Writing Section に続きます。Speaking セクションではマイクに向かって話し音声が録音されます。

 

 

MAP

MAP (Measure of Academic Progress) テストは入学前の学力テストとして使用されるだけでなく、在学中に受けるテストとして近年主流になっており西町インターナショナルスクールなどでは入学後も数日間かけてテストを実施しています。

科目はMath、Reading、Language、usage、Scienceに分かれており、サイエンスは更に3つのカテゴリー(life sciences、earth and space sciences、physical sciences)に分かれSTEMをサポートする科目になっています。

MAPテストは春夏秋冬に実施され、結果は過去に受けたものも含めて全て並んで表示されますので継続して受ける事で学力の進歩が把握できます。